読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛べないブタはただのブタさん

もはやブタはいません。

セカンドバッグ

こっち(東京方面)に来て早5年目となりましたが、今までなんとなく東京で抱いていた違和感の一つが、昨日すっきりしました。こちらのおっさん方は、セカンドバッグを持っていません。

403 Forbidden

昨日たまたまケンミンショーを見ていて、秘密のOSAKAとかいうコーナーで「大阪では『セカンド』とはセカンドバッグのことを指す」というのが挙げられていた*1。大阪のおっちゃんは大抵セカンドバッグを小脇に挟んで闊歩している。それが東京ではそういう文化はないらしい。確かに総武線のサラリーマンはアタッシェケースか手ぶらですな。東京の人から見たら、セカンドバッグを小脇に抱えているのは大阪のヤクザのイメージらしく、実際ナニワ金融道みたいな大阪のヤクザを題材にしたVシネマでも、役作りの一つとしてセカンドバッグがあるらしい。東京のヤクザはそんなものもたない。なるほど。うちの父親は持っていないが、じいちゃんはいつもセダンに乗る時は、ついでに小脇に抱えていたような気がする。小さいときに憧れ・・・はしなかったが、いつかおっさんになるとああいう鞄を持つようになるのだろうと薄々感じていたような気がする。あれも文化か。

*1:もう一つは「大阪のおばちゃんは問屋が好き」ということだったが、これはまさしくその通りである。むしろ自分が小さいときは問屋でしか服を買ってもらったことがない。「とんや」と読む