読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛べないブタはただのブタさん

もはやブタはいません。

たてもの探訪

今日は昼間ここで時間を潰す。
 
東京大学総合研究博物館 The University Museum, The University of Tokyo
「UMUTオープンラボ――建築模型の博物都市」展 東京大学総合研究博物館
 
まず驚いたのが展示方法だった。BRUTUSにも書いてあったけど博物館なのになんというかお洒落な見せ方というか、美術館のような不思議な空間だった。コンパクトなガラスの入れ物の中に鳥の骨格とか工作機械用のドリル(!)が入っていたり、地面にぶわーっとイノシシの頭骨が並べてあったり、昔の書斎風の部屋に鉱物とかのコレクションがあったり(ウィーン自然史博物館みたいな感じ)。洗練されたというと少し変ですが、なんというかただ収集したものを展示するだけでなく、集めたものからいかにその元にああった世界を表現するか、ということを実践してるような気がしました。
 
で特設の建築模型へ。もうwktkしてたまらない。ここまで精緻な作業をする人たちは本当にすごいし羨ましいと思った。模型はなんか3つくらいテーマがあって、近代の美術館・博物館の模型であったり、有名建築家の作品を模型化したり、あとはなんかコラボレーション企画みたいな。入口に展示してあるサヴォア邸はやっぱり当時(1930年)からすればかなり前衛的な建築なんだろうなぁ、ということを模型でも実感できました。あと工学部2号館つくってる人がいた*1また行きたいなぁ、タダだし。

*1:建築学的には素晴らしい建物らしいが、機械的には最悪らしい、とうちの教授陣が言ってる